2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ボランティア

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« チャーリーとナッツ | トップページ | 初雪  報告5 »

2006年12月29日 (金)

隔離のアンちゃん

隔離にいたアンちゃん。

疥癬で顔がハゲハゲだったアンちゃん。

おとなしくていい子だったアンちゃん。

こんなことが起きていたなんて全然知らなかった・・・↓

ちんぴら犬リューの更正日記

AAまたかって感じ。

とにかく大事に至らなくて、そして運ばれた病院の先生に引き取られてホントよかった。

同じ日記の21日に、広島ドッグパーク内にてボランティアさん達がAAに質問を投げかけた様子が詳しく書かれています。

あの団体の本質がよく見えてきます。

っていうかもう十分見えているんですけどね。

« チャーリーとナッツ | トップページ | 初雪  報告5 »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

無知って立派な虐待だよね・・

adaと申します。
大阪に来た子達のことが心配で覗いたら、リンクしてくださっていたので、ビックリしました。
私も、大阪に来た子達のことを紹介したいので、文中にリンクさせていただきますね。宜しくお願いします。

ちんぴら犬・・・にもコメント出しましたが、

アンちゃんの体重は?
病院で聞きましたが、フラジール(メトロニダゾール)の投薬量はジアルジアの時で、体重1kgあたり40~50mg。1錠が250mg。
つまり、1錠が5~6kgの犬用。
仮に体重15kgだったとして、3錠が通常の投与量。
致死量の3倍と言うのは大嘘。通常投与量の3倍というなら分かる。
獣医さんによると副作用もありうるが、長い期間投与しなければ今回の場合のような時ではまず問題ないだろうとの事。
獣医さん曰く、「私なら何もしない」。
たぶん獣医さんは副作用の事を聞かれて、一応言っておいただけではないかとの事。(万が一の時には問題になるみたいなので)
嘘だと思うなら、みんな自分のワンちゃんの主治医に聞いてみてください。

大嘘にだまされるな様
 ご意見ありがとうございます。
ただアンちゃんはガリガリで確か7kgほどでした。
だからやはり少し心配な量です・・・
もし私の犬ならすぐに病院に走っちゃうと思います(汗~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隔離のアンちゃん:

« チャーリーとナッツ | トップページ | 初雪  報告5 »