2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ボランティア

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 譲渡会を終えて・・・ | トップページ | 譲渡会 報告vol.2 »

2006年10月26日 (木)

譲渡会 報告vol.1

譲渡会の報告しなくっちゃ、と何度もパソコンの前に座りながらもキーボードを叩く指がすぐに止まってしまう私。

いろんな思いが交錯し考えがまとまらない。

でも今日から東京・・・

意を決してブログ更新

今回広島ドッグパークに行くまでの私は、ボランティアなんてまるで違う世界のことでした。

当然参加したことも参加しようと思ったことも一度もない。

そんな私を突き動かしたのは・・・

ネットで見た私の周りにいる幸せそうなワンコたちとはまるで違う生き物かのような悲惨なワンたちの姿でしょうか。

別に誰のためでもない、何の利益のためでもない、ただただそばに行ってあげたかった。

どんなに辛くても行かなきゃできないことがあると思った。

そんな自分の素直な感情だけで、私は初めて広島のあの地獄パークに足を踏み入れ、

そして一度あの子達と触れ合ってしまうと、もう二度三度と行かずにはおれなくなっていった。

けれど今回の譲渡会で私はAAのとても嫌な部分を目の当たりにしてしまうことになる・・・

いやいやそれ以前からそれとなしに感じてはいたけれど、あのパニックの譲渡会で露呈してしまったのです。

そしてボラにきていた私の大切なお友達がAA関係者に深く傷つけられてしまった・・・

けれどAAの存在がなければあの子達を助けられなったかもしれないし、こんな大きなレスキューに踏み切ってくれたAAには本当に感謝しています。

だからここにはそのことに関しての私の思いは綴らないことにします。

同じものを見ても人それぞれ受け止め方も違いますしね。

ただ今後、決して驕りたかぶらず、今回の反省点をこれからの活動に活かし、どんな小さな声にも耳を傾ける心ある団体になってもらいたいと切に願います。

気を取り直して(*^_^*)

譲渡会前夜・・・

前回も一緒に行ったサク兄と前々回ボラで知り合ったゆかちん、今回初参加の私のお友達みわちゃんカップルの計5人でサク兄の車で広島に向かいました。

現地には集合に少し遅刻の6時過ぎ到着。

いつもと様子が違うよ!周りはまだ薄暗いのにもうボランティアの車で駐車場いっぱい!

臨時のスペースに止めていざ隔離犬舎へU^w^U

あぁぁぁ~終わってた・・・大変な餌やりが(早ッ!)

もうバリケンのお掃除タイムに入っていましたよ。

急いでみんなのペースに追いつくように作業作業。

早く顔なじみになった隔離室の子達をなでなでしたいけど我慢~(^_^.)

サク兄は私と同じ隔離室、ゆかちゃんはA-1の”犬担当”(譲渡会に来た人に犬の説明をする係)、みわちゃんはA-1の掃除後パーク内の案内係、彼はA-1掃除後駐車場の整理係となりがんばりました。

開園の10時を前に受付前にはもうすごい人・人・人

開園と同時にイヤ~なものを見てしまいました。

「チワワどこや~チワワ!」とガラの悪そうなおじさんがいの一番に入ってきました。

業者やペットの対して意識の低い人たちはこちらサイドではねることになっていますが、

いきなりかよっ(ー_ー)!!ッて気分悪くなっちゃいました。

開園後のパークの様子
Dvc00246_1Dvc00247_2Dvc00248_2

ワンを選ぶ人々   面接に並ぶ長蛇の列   譲渡後のお医者様チェック 

 ・

この日の隔離室はとても静かでした。

他の犬舎のワンちゃんたちに新しい飼い主さんが見つかっていくのを見つめながら複雑な心境です。

ここを覗きにきた方もいらっしゃいますが、ここにどんな子がいるか説明するとサ~ッと引いていく方がほとんどでした。

仕方ないよね・・・でもしっかり説明しなくっちゃね。

いろんな病気抱えていること、

譲渡後の病院通いは必須のこと、

皮膚病は先住犬にも移る可能性大なこと、

長く生きれないかもしれないこと・・・

ここではっきり分かれるんです。ワンを見て涙を浮かべる人、面倒くさそうに話を聞く人、

露骨に嫌な顔する人、皮膚病と聞いて「汚いのか?」と平気で聞く人。

あと夫婦間で温度差が激しい人も多かった。

ここの子達は難しいな・・・と実感します。

よほどの覚悟がないと育てられない。

ここの部屋の子を是非!という人でないと・・・

隔離の子

Dvc00256

年老いたマルチーズちゃん

どうやら譲渡会が終わってから里親さん決まったらしいんだけどおなかが張って病院に行っているみたい・・・

大丈夫かな?

Dvc00258

私のお気に入り”ダンディディモントテリア”ちゃん

いつもその大きなおめめの視線を感じます"^_^"

隔離室の前は”幸せの道”でした。バリケンを運ぶ台車のガラガラッという音がすると里親さんが決まったワンたちが角を曲がって運ばれてくるのです。

一番最初に通ったのはゴールデンちゃんでした。

ボランティアの多くはすごくすごく嬉しくて、そしてお別れがとてもとても寂しくて・・・

いけないとはわかっていても涙が溢れてしましまいます。

「よかったね!元気でね!幸せになってね!」

「この子をどうかよろしくお願いします」

みんなの気持ちは同じでした。

ボランティアさんの無償の愛は新しい飼い主さんたちに十分伝わっているように私には見えましたよ。

Dvc00264_1

”幸せの道”

    初日にここを通ったのは201頭でした

あ~時間が無くなっちゃった!

続きは帰ってから・・・明日の夜かな

ごめんなさい

  

« 譲渡会を終えて・・・ | トップページ | 譲渡会 報告vol.2 »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

いいねぇ。幸せの道!!
その道のネーミング僕は大好き!!!

こんにちは 
花子ママさんとは、隔離で一緒でした!
譲渡会の日曜日の朝、お散歩で私がエアデールを散歩していてその子の服がうまく脱がせず、花子ママの散歩させていたワンちゃんと、チェンジしてもらいました・・・!
サクラの飼い主さんからこちらを知りました。
大阪からありがとうございました。明日、また行って来ようと思います。やっぱり毎日毎日気になります・・・
雪が多い場所なので、寒くなる前までに最後の1頭まで見送ってあげたいです。
幸せの道を通って行ったワンちゃん達、これからは幸せだけが訪れますように・・・・
今までの分も、どうか、幸せに・・・

今、わんちゃんたちどうしてるのかな~っていっつも考えちゃうよね。里親さんに引き取られたコも、まだパークにいるコも。
元気してるかなぁ。

花子まま。東京ですか・・ お疲れでしょう。
わんわん掲示板の方へ 書き込みしました。
あれから マルチーズちゃん どうなったんでしょうか・・・
もう ももみさんのプログしか知る事ができません。

サクラの飼い主様
 ありがとう!
巣立った子達みんな元気にしてるかなぁ?
いい飼い主さんばかりであること祈るしかないね・・・

ゆかりさん
 遊びに来てくれてありがとうございます!
ゆかりさんの優しい笑顔にワンたちだけでなく私も癒されました(*^_^*)
大阪でも朝夕は肌寒いです。一日も早く残った子達も暖かいおうちで眠らせてあげたいですね・・・
どうしてもみんなのこと気になるので、今度の連休にも行こうかと思っています!

ゆうさんへ
 いつもコメントありがとう!
ホントいつもいつも気になります。
返されちゃう子もまだいるみたいで・・・可哀想だねm(__)m


ちゃまとハイジの母様
 遊びに来てくださってありがとうございます!
私も気になって広島在住のボラの方のブログ読みあさっている毎日です。
隔離の子も数頭決まったみたいですねU^w^U

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120967/3956829

この記事へのトラックバック一覧です: 譲渡会 報告vol.1:

« 譲渡会を終えて・・・ | トップページ | 譲渡会 報告vol.2 »